八起会 20周年記念行事

平成10年(1998年)7月 8日に行われた 20周年記念行事の内容です。

真実の雄叫び (20周年記念テープの言葉)

「成功は過去のもの、失敗は未来につながる。」

敗軍の将が語る、失敗の哲学から見ての『幸せ』とは何か、「成功したから幸せ、倒産したから不幸せでは決してない、体験者が語る人生の真実とは!!」を10名の弁士に弁論してもらいました。

どう生きたら良いのか、社長の資質とは、又、現在苦境にある人、悩み苦しんでいる方に少しでも勇気と知恵を与えることが出来れば本望です。

八起会会長 野口誠一

20周年記念テープより


クリックしてください → 画像を拡大します


野口会長、開会の言葉


会員10名による弁論大会「幸せ」

※ 各倒産体験の弁士は、全て仮名です。

倒産体験(1)江本博光「幸せに気づいたとき」 八起会20周年記念


倒産体験(2)金山正一「天職を知った幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(3)谷山喜一「運に恵まれた幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(4)西田正昭「自己反省と幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(5)中山耕平「我を捨てて変わる幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(6)遠藤順二「転んでばかりでも私は幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(7)島崎美恵子「いい出会いで得た幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(8)東谷哲三「家族に救われた幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(9)青山昇「妻に支えられた幸せ」 八起会20周年記念


倒産体験(10)伊東勇雄「泣き尽くして知った幸せ」 八起会20周年記念