月例会 2021年

八起会 5月例会(2021/5/15) 「経営座談会、私の失敗体験談」

「経営座談会」と称して、皆様に「私の失敗体験談」をお聴きしました。

まず、竹花から野口会長の講演より、以下の文に関して、解説させていただきました。

経営者の目的とは何か?
経営者の目的とは、会社を潰さないことですよ。

こういう勉強会をやっている目的は何なんだろうか。

どんな素晴らしい先生が来て、どんな話を聞いても、とどのつまりは企業を潰さない、人間を潰さない。潰さないことを学んでいるんじゃないでしょうか。

だとしたら、たまには「失敗の哲学」を学ぶべきです。
なぜかといえば、成功は過去のもの、失敗は未来につながります。

以下は、解説動画。5分程度です。

 

 

また、皆様からお聞きした「失敗談」は、以下の通りです。

大口の注文が来たが、前金を貰わなかった。現場に行ったら、机1つの事務所。
これは、注文詐欺だった。その後、初注文では半額をもらうようにした。

アマゾンの偽メールから、カードの詐欺に掛かる。職員さんの退職で混乱し、勘違いで支払ってしまった。カード番号を盗まれ、利用されてしまった。
また、マカフィー(ウィルスチェックソフト)でも詐欺に。自社の名前でウイルスメールが客先に行くようになった。NTTのメールを使うように変えた。ヤフーから「発信先」を気をつけるよう注意された。

旅行が好き。30年以上前、ミャンマーに。夜行列車が、止まるところで浮浪児がお菓子を売りに来る。ペットボトルを買ってみたら、泥水だった。翌日は下痢。
しかし、子供たちは生きるために熱心。それに感動した。騙されたのは、自分の至らなさ。むしろ、子供の商いに役に立てたことに感謝。

一気に主力社員が5名やめた。経営者の責任だと思う。リーダーシップがなく、人心が掌握できていなかった。しかし、ランチェスターで勉強していたので対応できた。人がいなくなり、経費が浮いた面もあった。

創業時、人が辞めてゆくという問題があった。日に3時間睡眠で2~3年頑張っていたので、「俺も頑張っている、お前も頑張れ」と。しかし、若い人には伝わらない。毎年、基本給を5%あげ、役員報酬は一番下にした。そのときから、辞めなくなった。

酒が大好き。酒の失敗、2階から落ちて2~3年、後遺症が残る。
コンサルで500社教えたが、紺野の白袴で、支援先には、自己資本を貯めろと言ったが、自分はしてなかった。結局、借金で30年間も苦しんだ。潰れないようにお金を貯めるべきであった。

創業時、20万円がないのがつらかった。しかし、その後はいくら謝金があっても、開き直れる。リスクヘッジを勉強し、相談が商売になった。若いころに、様々な人の潰れる話を聞いているので、マネしないことにした。

10年間好調が続き「このまま行ける」思った瞬間から悪くなった。気のゆるみが原因。夏休みと決めた日に打ち合わせを望まれたが断ったら、そのお客は競合に流れてしまった。その後は、8か月、休みなく働き、業績を回復できた。

動画メインで始めたが、失敗やしくじりだらけで未だに迷っている状況。
私の理念が通じない、動画をどうしたら作っていただけるか試行錯誤の連続。1%の人や会社には理解してもらえていると実感。経営は厳しいが、借金することなく、あくまでも理想を求めて倒産しないぎりぎりのところで低空飛行でも続けていくことに意義を感じる

1,300万円の、債権消滅に応じたこと。これが経営破綻の原因となった。名目は、過去3年分の納品済みの商品の、2~3割引きの査定通告。この失敗を、回避する術があったのかどうかは、今でも解らない。別の会社からも似たことをやられたことがあるので、弱みを見せたら業界的に、ありがちなのだろう。

 

八起会 4月例会(2021/4/17) 「会社を潰しても、自宅を残す方法」

「会社を潰しても、自宅を残す方法」を、Re助屋(リスケヤ)清水誠助さんに講演いただきました。

「抵当が住宅ローンだけであるなら、会社が潰れたとしても、自宅は残せます」。

不動産の仕事を30年に渡り続けて来られ、自らも会社を経営した来られた清水さんは、そのように語られました。「会社の倒産=自宅がなくなる」わけではないと。

様々な倒産相談が持ち込まれている清水さんがみた、潰れる企業の特徴とは・・・

① 税理士が悪い。資金繰り表さえ作っていない。なぜ、税理士がこれを指導しないのか。利益が上がっておらず、継続が難しいのはわかっているはずなのに何も言わない。それでいて月5~6万円の顧問料を取っている。商売の基本を教えてない。

② 原価の高い商売をしている。売上はどんどん上がるから、銀行もお金を貸しやすい。しかし、実体は利益が薄い商売をしている。利益よりも、売上を重視している。

③ 勘違いの自慢。創業50年「古いから凄い、偉い」と勘違いしている。大企業と取引している事や都市銀行の当座を持っている事を自慢する。

 

八起会 3月例会(2021/3/20) 「お店応援.jpで、閉店・廃業を支援」

八起会、長年の会員であられる河澄哲さんが、コロナ等で苦悩する飲食店の閉店や廃業を支援する「お店応援.jp」というHPを始められました。

以下は、そのHPに書かれている説明の一部です。

「先行きがまったく見えない」「家族に相談できない。とにかく誰かに話したい……」そんな悩みを抱えている方に向けて開設した、いちボランティアのサイトです。飲食店を上手に閉店させるお手伝いをします。そして、これから新しくお店を開こうという方の参考になる情報を提供します。

この「お店応援.jp」について、開設者である河澄さんご自身に語っていただきました。

 

 

八起会 2月例会(2021/2/20)

2月は、毎年恒例の野口会長のお墓参りに。こちらは、8名の方が参加。

2月18日が命日で、6回忌。丸5年が経ちました。

「時の流れは早いもの」そんなお話を集まった皆様と共有しました。

 

18時からは、オンライン・八起会。9名の方にご参会いただきました。

会長のお墓参りに合わせ、今回のテーマは「野口会長を語る!」でした。

野口会長のプロフィール、八起会のベースは「仏教」、野口会長の名言集の3点を語らせていただきました。

内容は、下記の動画をご覧ください。

 

 

八起会 1月例会(2021/1/16)

オンライン・八起会。8名の方にご参会いただきました。

八起会、今月のテーマは、「新年、明るく今年の展望を語りましょう」。

『倒産が中心テーマの八起会ですが、野口会長の時代から、毎年1月の例会は、その年の目標を作成したり、展望を話し合う「新年会」でした。

新年早々に緊急事態宣言が出され、外出もままならない事態に。こんな時だからこそ、明るく、新年の展望を語り合いましょう!』

ということで、参加された皆様に、昨年の状況と新年への抱負を語っていただきました。

以下、抜粋してお伝えします。

・仕事は、リフォーム・建築。今年は新築が増えた。都内の中で比較的安く建てられるエリアであり、かつ、リモートワークで需要が増えた。

・産廃業。コロナの影響はなく、毎年と同じ水準を維持。

・コンサルタント。社内研修やセミナーなど、3割下がった。ZOOMでのセミナーを展開中。

・タンカーの代理店。需要が増えており、好調。以前、倒産寸前の際に、野口会長に相談し、様々なグチを聞いてもらった。その際に徹底的な経費節減を指摘され、実行した結果、潰れずに今日まで事業を続けられている。

・税理士。コロナの影響は特にない。

・特許事務所。テレワークをしてみたが、うまくゆかなかった。売上は下がっているが、経費を使わなくなったので、利益は上がった(笑)。

※ 竹花による「倒産状況」のみの動画です。