八起会とは

昭和53年(1978年)、倒産者の自殺が相次いだ。

前年、自ら会社を倒産させていた野口誠一会長は「会社が倒産したからと言って、何も死ぬことはない」と思い立ち、倒産経験者同士が助け合う『八起会』を設立した。

その後、大きくマスコミに取り上げられ、倒産者同士の助け合いに留まらず、活動の範囲は広がることとなる。

● 経営の悩み相談を受ける「倒産110番」。(数万件)

● 野口会長の倒産経験を語る講演活動。(数千回)

● テレビ出演、経済誌への連載多数。

● 野口会長の著作がベストセラーとなる。(合計23冊)

● 20周年、25周年、30周年など、記念イベントの成功。

このような活動の中、八起会は倒産者のみでなく、現役経営者が「倒産経験に学ぶ」ために集う会ともなった。

2018年7月8日 40周年記念式典をもって、新体制となり再出発する。

八起会の運営体制

【代表世話人】 竹花利明 (株式会社プラスソフト 代表取締役

竹花のプロフィールと講演 ← こちらをクリック

【事務所】〒333-0801 埼玉県川口市東川口2-2-30 ヴィラ東川口306 (株式会社プラスソフト内)→ 地図は、こちらをクリック

現在、八起会は「世話人」制度により運営されています。
このため「代表世話人」である竹花が会の代表者ですが、会員総意により「会長」は、野口誠一会長です。

入会方法

八起会に入会いただくには、「月例会」に5回以上参加いただいたうえ、「入会したい旨」を代表の竹花に対して、申し込みください。入会金などは必要ありません。

八起会のコンテンツ

各項目をクリックしてください。

八起会 40周年記念式典

八起会 25周年記念セミナー

八起会 20周年記念行事 / 弁論大会「幸せ」

八起会 会員インタビュー

八起会 会員の手紙

倒産の原因 10項目

八起会 60カ条

幸せさがし ー新八起会の歌ー

上野稲荷町 旧事務所の風景


八起五則