不倒会の動機と目的

「倒産者の会である八起会の中で、なぜ不倒会を始められたのですか?」

このような質問を何度かお受けしました。

代表の竹花が、倒産しないための経営や戦略を伝えしようと考えた背景には、明確な動機が存在します。

2016年 野口誠一会長が亡くなられ、会員総会を通じて継続が決まったとき、世話人の中でもっとも若い人間であった竹花が、世話人の代表となりました。

当時の目的は、会長の遺言であった「40周年記念式典」をしっかりとやり抜くこと。
2018年7月8日に予定されていたこの式典を成功させること。これが最大の目的でした。

これを成功させる意味も含め、毎月の月例会も、若返りした世話人メンバーの協力により、継続させてゆくことができました。

そのような中で、世話人の主力メンバーであるNさんが、二度目の倒産に至ったのです。

彼は一度目の倒産を悔いて、懇親会の時でも一切のアルコールを口にせず、自らの商売を個人事業主からやり直し、再起できた人。

そんな彼が、どうして二度目の倒産に至ってしまったのか。
月例会の会合で、その理由を知った時は、本当に愕然としました。

「コンサルタントに騙された」

それが理由でした。

その詳細は、ここでは省きます。

しかし、長年に渡り、経営戦略を学んできた自分が、すぐ近くにいたNさんに何も教えていなかった。

その結果、Nさんは二度も倒産の憂き目にあった。
これは、私にとって衝撃の出来事でした。

「八起会は、倒産しない経営を目指すべきだ。」

そのように心に強く思ったこと、これが不倒会を始める動機となりました。

倒産者が助け合い、倒産者に学ぶ会である八起会。
それをベースに「倒産しない経営」を学び、実践する。

「倒産しない」こと。
これが不倒会の目的なのです。